ホーム > 音響メディア制作演習 > ボクをまんが家にして下さいっ!!!【その21】

ボクをまんが家にして下さいっ!!!【その21】

みなさんこんばんは!3月9日放送の「ボクをまんが家にして下さい!!!」聴いてくれたかしら!

こちらではお久しぶり、漫画家庭教師のべべよッ!

今回は仕上げ!効果音や吹き出しについて私が授業したわね!

ほら、私だって授業できるのよっ!ただの先生召喚士ではないの! よ!←

さて、まずは擬音効果音!


走っているのに伝わり方が違うわよね!

例題がずいぶんとなんちゃってな図で申し訳ないんだけど、右側のものは後ろから足音が聞こえてきているみたいにみえて、このキャラクターが走っているようには見えにくい。文字も大きさや配置を変えただけで、印象は変わってしまう。

フキダシも形ひとつでキャラクターの感情が表現できるから使い分けてね!

とても極端な例を挙げてみると・・・

Aはこのキャラクターらしいけど、Bでは違和感があってギャグみたい。

あと、授業では言い損ねたんだけど、こーんなふうにあんまりコマをまたいだりするフキダシを使用するには注意!

・誰が話しているかわからない
・読む速度が上がる

きちんと効果としてこれらをあえて利用することもできるけど、普段から多用するのは良くないの。読みにくいとか、速度が上がるともしその途中で見せたいコマがあってもスルーされてしまうことがあるの。当たり前かもしれないけど実際これは私自身がよく受ける注意(笑)知らない間に癖になっててなかなかなおらず苦戦しているわ…!(^q^)<お見苦しい参考画像の台詞はあまり深く考えないで下さいね!

みなさんは気を付けてくださいね!

こんなふうに原稿が完成間近なのにこの二つもしっかりしないと画面がきまらなかったり、読み手に違和感を感じさせたりしちゃって勿体ないから最後まで気を抜かずにね!演出するのに大事なものよっ!

配置に迷うならトレーシングペーパーを上にかぶせていろいろパターンをかえて描いてイメージを視覚化してみるのもいいと思うわ。私は頭のなかでまとめられないタイプだからとにかく描くようにしているの。時間はかかるけどね!(笑)

配置し終わって、すべてにペンが入りおわったらミスノンでペタペタ修正して完成よ!! 頑張って!

りょう君もちゃんと原稿完成できますように!

では、以上べべでした!


  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。