ホーム > 音響メディア制作演習 > ボクをまんが家にして下さいっ!!!【その5】

ボクをまんが家にして下さいっ!!!【その5】

こんにちは!ナスでございます。

今回(11/11放送分)もキャラクターについてでしたが・・・・足軽やら忍者の話ばかりしてしまいましたねw

前回のイ君の記事を見てもらえば全てわかります。もう、全部詳しく書かれているので私の出る幕は無いのです・・・はい。

でも、失礼ながら書かせていただきます^^

キャラクターというのは本当に大切で彼ら彼女らがいないと物語が始まりません。

キャラクターの作り方に関しては人それぞれ違いますし、キャラクターが生まれるタイミングによっても変わってくると思います。・・・・そう、私のように

例えば活発な男の子を描きたいと思ったら、背は低めで目を大きくしたりします。活発な少年・青年だったら、背は高く目は小さくなります。あとはアイテム!

物語に関係してくるアイテムならより面白さが増えますよねw

でも、キャラにだって性格があります。アイテム自体をキャラクターに合わせるとキャラクター自身がストーリーの中で面白く楽しい方向へと勝手に動いてくれたりします!!

それとは逆にキャラから完成し、その姿から物語が生まれたりと様々です^^(この子はこう動かしたい、こんな台詞を言ってほしいなど沢山出てくるはず!)

結論!

キャラクターは「自由」です!

髪型、目、口、鼻、輪郭、小物の表を作って色々なパーツを組み合わせゲーム感覚で作るのだってありなんですから(笑)

作ったキャラクターを一つのノートに描き溜めておくと手塚先生のようにスター・システムもできますよね!より楽しくなると思います!!

いろいろためしてキャラクターをどんどん生み出して下さいね!!


  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。