ホーム > 音響メディア制作演習 > ボクをまんが家にして下さいっ!!!【その6】

ボクをまんが家にして下さいっ!!!【その6】

冷え性には辛い季節になりましたね、さかはるです。
11月18日の放送を聞いて赤面しますね…りょう君が少しずつしゃべるようになってきました。
 もっともっとりょうくんはしゃべり上手に!番組はおもしろくなります!お楽しみに!
 私がはじめて脚本書いたのは1年生の夏、10分の映画の脚本を書きました。
 なかなか書けなくて、よく先生にボツを出されていました。
 りょう君を見ていると物語を作れなかった頃の自分と重なります!がんばってほしい

 物語をつくろう、じゃあ何をする?
 一言で表せる物語を作ること!映画のシナリオでもまずここからなんですよね。
 ラジオでも伝えたのですが、難しいことです。しかしこれは慣れです。

 最初に軸となるものを作ることが重要!
 「あの話ってどんな話?」→こんな話だよ!って言えることが大事なんです!
  桃太郎で言うと
桃から生まれる→旅に出る→仲間をつくる→鬼退治をする→家に帰る
これを省略すると桃から生まれた男の子が鬼退治して帰ってくる。これが重要。
これができればあとはその結末にたどり着くように考えていけばいいんです。
友達や先生、誰にでもアドバイスを貰ってもいいでしょう!
 多重人格者の探偵は多重人格探偵サイコ
 ヤンキーにバスケをさせたらスラムダンク
 不潔な女子にピアノを弾かすのならのだめカンタービレ
 ゴム人間が海賊王を目指すならワンピース
 映画志望の男の子にまんがを書かせたいなら「ボクをまんが家にしてくださいっ!!!」
 次回もよろしくお願いします!(`~`)


  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。