ホーム > 受賞・掲載情報, 告知 > 手塚治虫が生きていたら 電子コミックをどう描いていただろう

手塚治虫が生きていたら 電子コミックをどう描いていただろう

タイトル長いね!でも大塚英志って感じがする…「煌めく星のようなあの頃のか弱き僕たち」とかね☆★
この本は、度々ラジオでも取り扱ってきた電子書籍の事をまとめた1冊のようですね!(まだ読んでないけど)
気になる方はぜひ♥♥…って単に大塚先生の宣伝をしてるわけではなくて!!

この本の表紙のイラストを描いているのが、メディア1期生(卒業生)の山路亮輔くんなのです!
以前クラブサンデーで発表されているまんがを紹介したことがありますが、その彼です。
クラブサンデー掲載まんがはこちらからどうぞ☆

今回の電子書籍の件では、パラパラまんが…の延長のような作品…と言えばいいのか?を作っています!!ラジオにも出演してるので聴きたい方はこちらから^^


カテゴリー: 受賞・掲載情報, 告知 タグ:
  1. メガネ
    2011 年 4 月 24 日 22:58 | #1

    大塚先生の本が出てるじゃないですか!
    今回のは若い人向けっぽい感じですね、読みやすそうです。
    また買いに行かないと〜、少々お値段が気になりますが(^^;)

    山路さんのまんがは文字を使わず絵だけで物語も表現しててすごいですね。
    あんまり読んだことない形式のまんがなので新鮮でした。

  2. 夢美
    2011 年 4 月 25 日 17:15 | #2

    メガネさん☆
    ちょっと高いですよね!!
    大塚さんくれないと思うので(笑)私も買いに行かなきゃです^^

    山路くんのそういう新しさはTOBIOvol.1の時から編集さんたちが目を付けていたらしいですよ!!
    山路くんのまんがはこれからもどこかで見る機会があるはず…(^^)
    また情報GETしたら紹介します☆☆

  1. トラックバックはまだありません。