ホーム > 未分類 > エンジェルの部屋 ゆうちゃん編

エンジェルの部屋 ゆうちゃん編

こんばんは、ゆうちゃんですm( _ _ )m
まずは、2/7~2/9に開催した「神戸芸術工科大学卒展カオス2014」にお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。まんが表現学科としては初の展示。極寒の準備期間の中で委員を中心に企画・セッティングを行いましたが、当日はたくさんの方々にご覧頂けて嬉しかったです。

さて、『エンジェルの部屋』ということで、「大学4年間にやってきたこと」をお話させていただきました。
実は前からこのコーナーで「何を話そう何を話そう」と後輩たちが語る話を聞きながらずーーーーーっと考えていたのですが、当日まで悩んだ末、よくある話題になってしまいました;
しかもラジオでの放送も聞くと、唐突に話題を切り出していて、しゃべり方も4年間いてあんまり成長してないような「あぁ、最後までぐだっちゃったなぁ」と反省してます…
あと収録で耳にする自分の声と、ラジオ放送で聞く自分の声の聞こえ方の違いに、「誰?自分の声こんなだっけ?」いつも戸惑いを感じます。皆さんはそういうことありますか?

話を戻しまして、この4年間というのは本当に様々なことを経験させていただきました。
まんがだけでなく、映画やイラストレーション(あとほんのちょっとですがアニメーション)を作り、ラジオ制作に関わり、大変なこともいっぱいありましたけど、ここに来て良かったと思ってます。
今は卒展の関係で鉛筆画の絵本をまた描きたいなと思い、昔考えていたネタを発掘中。ですが、卒展の作品も修正を入れなければならないので、描き始めるのはもう少し先になりそうです…。

最後に、『眠らない大学』が放送も後わずかで寂しい気持ちがいっぱいですが、ラジオでは先生やエンジェル、先輩、後輩、そしてリスナーの皆様と一番深く関われた場所なので、最後までお付き合いできればと思います。

以上、ゆうちゃんでした。

●「エンジェルの部屋」ゆうちゃん出演回はこちらから→ http://radio.kobe-du.ac.jp/?p=13685


カテゴリー: 未分類 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。