アーカイブ

投稿者のアーカイブ

ラジメン二期☆にっき:最終回を終えて。※長文注意※

2014 年 4 月 1 日 hikari コメントはありません

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
ようやく3月〆切だった原稿が完成して一安心な、ひかりです。

その原稿のトーン貼りが終わってとりあえず落ち着いたのが、3月28日の深夜…そう、まさに今にも眠らない大学の最終回放送が始まってしまう!!!という時。
深夜に起きているのがつらい私は大学に入ってからはほとんどバックナンバーで聞いていましたが、最後ぐらいリアルタイムでちゃんと聞きたい!と思い、私は慌ててラジオ関西にチャンネルを合わせました。

私が眠大と出会ったのは高3で初めて行ったオープンキャンパスでした。「まんが家になりたい」と思って周囲に反対されながらも普通の高校じゃなくてデザイン科の高校に進学し、色々なジャンルの勉強をした上で、もっとまんがに特化したところに行きたいと思うようになった私に先生が勧めてくれたのが友達が受験する大学にあった「まんが表現学科」で、とりあえずオープンキャンパスに行き、説明を聞いたり作品を見てもらった後、少し暗くなった廊下のつき当りに≪「眠らない大学」公開収録≫の文字を見つけました。
開け放たれた扉の向こうでは、ラジオの収録が行われいて、大学生の人が優しく説明してくれて見学者用のいすに座ると、そこに広がるのは不思議な空間。
楽しそうな談笑とその中に含まれた緊張感。見ているだけで引き込まれていく心地いい声。
大学というまだ知らない未知の場所に来ているというドキドキは、椅子に座って夢中に見て聞いている内に違うものに変わって…
結局他の見学者が誰もいなくなっても、その日の収録が終わって出ていかなければならなくなるまで居座っていました。

それから何回もオーキャンがあるたびに、私は公開収録に足を運びました。
そんな私を「お客さん」としてラジメンの方々は受け入れてくれて、お話上手な皆さんは引っ込み思案な私にたくさん話をしてくれました。
収録では、大塚先生のまんが道場に出させてもらったり、萌えゼリフ考えて!と言われてそれが本当にお姉さんに読まれたり。
「もしもこの人たちの中に入れたならどんなに幸せだろう」なんて、夢みたいなことを思っていました。

入学して、時間割の片隅にあった音響メディアのラジオを作る授業を見つけました。
だけど授業・課題・単位の上限のことを考えるとどう考えてもその授業はなかなかネックで、まんがに集中したいからこの大学を選んだはずでは?と自問自答。
とるのはあきらめよう、と思って一回目の授業に行かなかった私に、廊下で会った夢美お姉さまが一言「ラジオ、とらないの?」と。
次の瞬間、気が付いたら「…と、とります」と言ってしまっていました。

これで良かったのか?と思う瞬間はそのあとも何度もやってきましたが、その疑念はあの空間に行くと消え去っていきました。オーキャンに行き過ぎたせいで、先輩たちに完全に顔を覚えられていた私は気さくな先輩方につられて少しずつ自分からも話ができるようになって。
ラジオに関われてその空間にいても許されることがものすごくうれしかったから、やっていけたんだと思います。

後輩が入ってきた二年目、新しいラジメンの三期生はメンバーが多い上に積極的な子ばかり。
一方の私は誰かと一緒にいる事がまだまだ慣れなくて自分の意見をぶつけるのも怖く、ただなんとなくそこにいられたらいいと思っていた人間で。

その頃から、二期生は私しかいないという状況がものすごく多くなり、3期に完全に圧された私は「居場所」を見失いました。一年かけてようやく手に入れたと思っていた「ラジメン」としての場所を奪われてしまうと怖くなって。
会議や収録にすら怖くていけなくなってしまった私に、お姉さまが(本当に)天使の微笑みでこうおっしゃったのです

「ひかりには、ひかりの居場所があるんだよ」

問題だらけの自分が、居てもいい場所ができるなんて思ってもみなかったから。
それから私はその居場所にいられるように変わっていこうと思えました。

放送が3月いっぱいで終わると聞いて、そしてめちゃくちゃかまってもらった先輩、そして綱島さんが大学からいなくなることに気が付いて、頭の中が真っ白になりました。
最終収録の日、私はばたばたと裏で動きながらもあの空間に少しでも長く居たくて名残惜しくて写真もいっぱい撮りながら、楽しく眠大らしく終わろうと笑っていて。
だけどお姉さまが涙ぐみながら話しているのを聞きながら、重い扉の裏でこっそり泣いてしまったり。

こんなに大切でかけがえのないものになっていたなんて。
あの時、ラジオの授業をとっていなかったら私はどうなっていたんだろう。

ラジオに関わったことで大変だったことも多かったけど、たくさんの経験ができて少しずつ変わっていけました。
眠大とお姉さまに出会って救われてきたから、今の自分がここにいるんだと思います。

眠らない大学に関われたことは、私の誇りです。毎回すごくすごく楽しかったです。
しゃべりも演技も何もかも、自信をもってできたことは一度もなかったけど、たまに褒めてもらえたり意見をいただいたりするのがすごくうれしかったです。
暖かく見守っていただき、感謝しています。

いままで本当にありがとうございました!

放送はおわってしまいましたが、これからもずっと私たちは「ラジメン」です。
授業は続いていくのでまた集まる機会もあるかもしれないし、気まぐれに誰かがブログを更新したり色々すると思います。
ですので、これからも見守っていただけると嬉しいです。

I♡眠大‼‼‼‼‼‼‼‼

それでは、また。

今年卒研のくせに、4月からの授業にもこっそり忍び込もうかなと真剣に悩む、ひかりでした。


ラジメン二期☆にっき:初めての脚本

2013 年 12 月 31 日 hikari コメントはありません

皆さん、いかがおすごしですか??
そろそろスマホに変えるべきなのか悩み中、まだまだガラケーなひかりです。

ラジオのメンバーに入って三年目になった私ですが、実は他のラジメンがやってくれていたおかげで(?)まったくやってこなかったことがありました。
ラジオドラマの脚本です…ハハっ

別に避けていたわけではなかったのですが、他のラジメンが「書きたいです!!」「やります!!!」とガンガン言っているのに対してわりと置いてけぼりに
なっていることがしばしば…冷めているわけでもやる気がないわけでもなくて、今思えばただただ自信と勇気がなかったんですねぇ

今回、ラジメンが一話一話書いてリレー形式で8話分のドラマを書くことになり、書く人を募ったんですが、どうみてもメンバーが足りない…。
…ここしかない、と思いました。次は四年生で忙しくなるし、今行かなければきっと一生機会はないんだ!!と。

「じゃあ、やります」

正直、書く人の中に自分が入った瞬間、ものすごくドキドキしていました(笑)
後日、一人辞退してしまったときも、当時のスケジュールの感じだと「まぁいけるやろう」という感じだったので、先輩風を(柄じゃないのに)吹かせて
「2本やるよー」といったのですが、その後年明け前〆切の賞に応募することが決まってしまってスケジュールがめちゃくちゃになり、あのときの自分を
すごく恨みました(^q^)やるなら好きなようにやってやる!!と、キャストに同期(イくんとりょうくん)をごり押しして巻き込んじゃいました☆←

完成した脚本はラジメン・先生方から「どうしてこうなったwww」という賛辞をいただきました。
練習中も本番中も笑いっぱなしで、本当に巻き込んだキャスト陣には申し訳ないことを…(笑)
ラジメンの中にいて疎外感を感じていた時期もありましたが、この経験を通してまた少し皆と仲良くなれた気がして
やってよかったなぁというのが今の気持ちです。

このリレーラジオドラマは、新年ドラマの後から放送されます。私は1話と3話を担当しました(^-^ゞ
キャストとしても出ています…未予子のドラマでの私を見た三八からの推薦で役が決まるという(笑)
他にも魅力的な個性あふれるキャラクターがたくさん登場しますので是非お楽しみに!!

※イラストと内容はまるで関係ありません。エンジェルサンタかわゆい。(笑)

それでは、きょうはこの辺で~
とりあえずスマホより自分のパソコンが欲しい(笑)、ひかりでした( ̄▽ ̄)b


カテゴリー: 未分類 タグ:

ラジメン二期☆にっき: 展示会のお知らせ!!

2013 年 12 月 30 日 hikari コメントはありません

皆さんお久しぶりです!クリスマスは原稿に追われている間に終わっていた、ひかりです(^q^)

今日、私は原稿の郵送を終えて、大学に向かいました…あることをするために。そう、それは…
学科展示の会場準備…!!!
はい、もう告知されていので、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、年明けに、神戸芸術工科大学まんが表現学科の3年生で合同作品展を行うのです (^-^)/
イくんがポスターイラストを担当しているという事で一枚パチリ★
「Show!!―まんが表現学科3コース合同作品展―」Show!!―まんが表現学科3コース合同作品展―
日時:2014年1月7日(火)~2014年1月11日(土) 9:00~17:00(11日(土)は9時~12時まで)
場所:神戸芸術工科大学 ギャラリー・セレンディップ

詳しくはコチラの記事をご覧ください☆

ストーリーまんがコースコミックイラストレーションコースWebアニメ・コミックコースに分かれてそれぞれ制作してきた成果を皆さんにも見ていただく、またとない機会をいただきました★☆

ラジメンでは2期のひかり(ストーリーまんがコース)イくん(コミックイラストレーションコース)3期のにんぢん・HB隊長・めだかちゃん(Webアニメ・コミックコース)が参加しています(・ω・)

私が参加しているストーリーコースの展示では個人作品&自主合作の作品が読めます!!…合作…なんだかもう懐かしい(笑)あと、これまでのまんがを勉強してきた流れや、自主合作の様子も分かりやすくパネルでご紹介!!

イラストコースの展示では、11月に発売されたTOBiO iLLUSTRATiONS 2 Twelve Monthsのメイキングやコース生の作品が間近で見れます!

webコースの展示では合作「テストバスターズ」や個人作品を実際にipadを触って作品が体感できたり、学科生が作った映画の上映も行われます☆

会場はこんなかんじで何故か若干ムーディー(笑)。HB隊長もおもわずこのポーズです。。。

今日の準備段階では会場の机や台の設置、照明の調整、お掃除…等々。展示物も一度並べてみたり…。展示委員の方々がかなり頑張って進めてくれていたので私たちも力を合わせて準備を進める事ができましたp(^-^)q本格的な設置は年明け、展示が始まる前日に朝イチから行います…寒いけどみんな、がんばろうね!!!←

色んなジャンルの学生の作品が一挙に見れちゃう大チャンスです♪この機会にぜひ、見に来てくださいませー(-ω☆)

※作品はマジメです(笑)
それでは、今回はこの辺で!!
今夜も課題でね・む・れ・な・い、ひかりでした(^-^ゞ

ラジメン二期☆日記: トラベル考察

2013 年 9 月 27 日 hikari コメントはありません

皆さんいかがお過ごしでしょうか?
最近選ぶ服装ことごとく気候を外す、ひかりですゞ

6月からお送りしてきました学生コーナー「旅して当てよう!ひかりトラベラー☆」、お楽しみ頂けてますかねぇ(^-^;私自身、ラジオに関わって三年目ですが、今までで一番ってぐらいにしゃべっておりましたこのコーナー(笑)

三、四期生は活発にハキハキ話せるとてもラジオ向けな楽しい面々ばかりなのですが、話すのが苦手な(ダメじゃないかwっていう)私は置いてけぼりをくらって「世代交代かしらん…」と思うときも多かったです。
前期中は自主合作をしていたのもあって会議にも参加できてなかったから、今期はあんまり出番なく終わるんだろうなぁ~と思っていた…ら!!まさかの!!

「ご当地ものやろうってなったんだけど、ひかりさん神戸出身だしメインやらない?」

「あ…はぁ」

大抜擢すぎてしばらく信じられませんでしたが、打ち合わせ始まって「あぁガチだったんだ」って自覚しだしました(^q^)オゥ

一応流れを書いた台本的なのは常にあったのですが、内容がほぼアドリブだし、場所が毎回違うから流れも毎回違って、もうどうにかしなきゃって必死でした(*_*;)後輩たちのしゃべりのしっかりっぷりにもぅ頼りっぱなしで…でも皆いい子たちなので見事に支えていただきました(笑)

お聞き苦しい点も多数あったかと思いますが、楽しんでいただけたでしょうか?
しゃべりもなかなかやばかったですが、一番の後悔はクイズの正解率ですかね…あれはあれでガチだったんだ感が出て良かったのかな?←

色んな場所にトラベルして、今まで全然知らなかったことをたくさん知れて今度はまた個人的に行ってみたりしたいなぁと引きこもり気質なのに思ったりして。
メインはなかなかプレッシャーもあって毎回緊張しっぱなしでしたが、それ以上に楽しくて本気でテンション上げたまま出来たのがすごく嬉しかったです(*´∇`*)ほんとに…リスナーだったのに、こんなことまでやるとはねぇ(笑)

ってなわけで、これからも参加できる限りちょこちょこいますので、よろしくお願いしまーす(^o^ゞ*

今夜はいよいよ振り返りですね★
また感想など、番組に送って頂けると嬉しいですっ(-ω☆)”

それでは、また!!
秋はやっぱり栗ご飯でしょー♪な、ひかりでしたっ(*^^*)